FC2ブログ

2015-06-17(Wed)

感想 倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~ [bk0001]

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~ [bk0001]の評判や口コミなどについて見ておきたい人は、コチラのホームページに目を通しておくといいかもしれません。


倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~ [bk0001]のネタバレや実際に関係した情報が公表されている可能性があるので、じっくりご覧になることをおすすめします。


さらにもっと、この情報商材についての詳細説明が気になる人は、次の内容を覚えておいたほうがいいでしょう。


  • 販売商品名:倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~ [bk0001]
  • 商品説明:

    なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、
    わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?

    バスケットボールの試合で勝つためには、
    いかに多くシュートチャンスを作るかがポイントです。

    攻撃回数を増やすだけなら『速攻(ファストブレイク)』が良いでしょう。
    しかし、速攻とセットオフェンスのどちらにもメリット、デメリットが存在します。

    何とか速攻の「スピード」とセットオフェンスの「有利な陣形」を
    一緒にプレーすることはできないだろうか…?

    という発想から生まれた、理想的とも言えるオフェンスパターンが
    「アーリーオフェンス」です。

    「アーリーオフェンス」では、速いパスワークでボールを繋ぎつつ、
    攻撃に有利な陣形をセットし、相手のディフェンスが整う前に一気に攻め切ります。

    「長身チーム対策」としては、必須とも言える戦術で、NBAやJBLなどの
    プロチームだけでなく、現代バスケットの主流となっている攻撃パターンです。

    アーリーオフェンスが採用される理由は、「2つ」あります。

    ひとつが「実践方法がシンプル」であること。
    もうひとつが「即試合で通用する」ことです。

    アーリーオフェンスは、バスケット指導経験のない人であっても、
    その仕組みさえ理解してしまえば、すぐに子どもたちに教えることができます。

    難しいバスケットボールをシンプルにしたものですので、
    バスケットボール初心者の新入部員であっても簡単に実践できるのです。

    さらに、「よい例」だけでなく、「わるい例」も合わせてご説明していますので、
    「なぜ、この方法が良いのか?」を子どもたちに具体的に説明することもできるでしょう。

    簡単に実践できる練習に夢中にさせ、楽しみながら「勝てるチーム」を
    育てられる「バスケットボール指導の秘訣」を取り入れて、
    スピーディーに敵陣に攻め込むチーム作りを始めませんか?

     DVD4枚組 【総収録時間:206分】
  • 販売店舗(個人)名:株式会社リアルスタイル Real Style
  • 販売商品公式ページ


上で紹介のノウハウは、インフォトップの販売ルートによって販売されていますが、インフォトップという会社は、実用教材のネット通販法人では、最大の売上がある上に、信用と信頼もしっかりとした企業ですので、E-bookの通販購入がはじめての人も何の心配も無くネットショッピングできるのではないかと思います。


今後また、この記事のテーマの倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~ [bk0001]に関するお知らせが確認できれば追記しますので、またご覧ください。


文章自動作成ツール“PSW_ver.2”『2014年インフォトップ殿堂入り商品』“PSW”のバージョンアップ版の登場! “PSW”の機能を大幅に拡充したバージョンアップ版です。
フリーエリア
RSSリンクの表示

FC2Ad

Powered by FC2 Blog